大人のための牡蠣サプリ

海のミルク牡蠣について

牡蠣は「海のミルク」という別名もあるほど栄養価が高くなっています。味もとても美味しいのですが、何よりも秋〜冬と栄養がたくさん必要となる季節の食品として嬉しい成分がたくさん入っています。
日本で食用とされたのは古く貝塚からも見つかっています。このように栄養も豊富で味も美味しく、昔から食用として食べられていた牡蠣について詳しく紹介しましょう。
 
■ 牡蠣のうま味
牡蠣が美味しいと感じるのはグリコーゲンやアミノ酸のおかげです。牡蠣は完全栄養食品だともいわれており、一度岩などに付着すると一生動かないことから海の成分をたっぷりと含んでいます。牡蠣は、内臓を食べているようなものなのです。
 
■ なぜ海のミルク?
海のミルクという別名があるのは、濃厚なうま味があるだけでなく、完全栄養食品の牛乳と似た要素があるからです。たんぱく質、ビタミン、脂質、炭水化物、ミネラルなどが含まれており、牡蠣を食べるだけで必要な栄養素をバランスよく摂取できるようにできています。牛乳のように栄養価が高いことから牡蠣は別名海のミルクと呼びます。

 

■ 生食用と加熱用の違い
スーパーで牡蠣を買う場合生食用、加熱用にわけられます。生食用とは生で食べられる牡蠣のことで、殺菌処理をほどこしウイルスを除去しています。しかし殺菌処理をするとうま味が逃げるため、加熱料理をする際には加熱用を選んだほうが美味しく食べられます。

牡蠣のおすすめ栄養素

牡蠣は完全栄養食と呼ばれるほど栄養のバランスが調っています。魚介類特有のタウリンの摂取目的や、食品のなかでも量が多い亜鉛摂取のためにも利用できます。様々な栄養補給に適しているため、野菜の栽培量が減る秋〜冬には積極的に食べたい食品です。

 

■ タウリン
タウリンは肝臓で生成される胆汁を作る材料となります。胆汁は消化液として役立っており、牡蠣を食べれば肝臓の機能アップに繋がります。

 

■ マグネシウム
酵素の働きを助けたり、カルシウムと組み合わせて骨の生成にも必要です。他にも筋肉の収縮や血圧を調節する働き、血糖値を整えるなど色々な働きを持ちます。マグネシウムは生活習慣病予防に役立ちます。

 

■ 亜鉛
たんぱく質やDNAの合成に必要となるミネラルです。全ての細胞分裂に必要となるため、亜鉛を摂取してアンチエイジング対策や、不妊症改善、美肌や美髪などにも導きます。胎児の成長にも不可欠です。

 

■ 鉄
赤血球を作るのに必要となり、女性は生理により不足しがちです。貧血対策は鉄のみだけを摂取するのではなく、他のミネラルとのバランスも重要となります。

 

■ ビタミンB12
水溶性ビタミンの一種です。食品のなかではたんぱく質と結合し存在しています。DNAやたんぱく質の補酵素として働き、十分な量が摂取できていると貧血対策や神経機能を正常に保つ働きがあります。

 

牡蠣サプリで亜鉛摂取はこちら!! 

牡蠣とお酒

牡蠣はお酒をよく飲む方、年末年始などお酒を飲む機会にピッタリな食品です。肝機能を高める成分がたくさん含まれており、お酒の代謝を高めて悪酔いを予防したり、二日酔い対策にも繋がります。

 

■ 肝臓を強化する成分
肝臓の働き高めることができるのが牡蠣に含まれるグリコーゲンやタウリンです。グリコーゲンは糖質の一種で、内臓や筋肉に貯蔵し、素早く引き出すことができるエネルギー源です。さらにタウリンはアミノ酸の一種で肝細胞の再生に役立ちます。アルコールを分解する酵素の働きを助け、二日酔い対策にもなります。
 
■ タウリンは体内で合成する量が少ない
なかでもタウリンは体内で合成する量は少ないため、食品からも摂取しなければなりません。内臓に多く含まれ人が生きていく上で必要な成分です。スルメの白い部分がタウリンで、牡蠣は100g中1130mgとタウリン摂取に適した食品です。

 

■ お酒のお供に牡蠣
寒い季節になるとお酒を飲む機会も増えがちです。同時に寒くなると牡蠣の旬を迎えるため、お酒を飲む際には牡蠣料理をおすすめします。牡蠣料理が苦手な方はお酒を飲む前に牡蠣サプリを飲んでおくと、アルコールの代謝を助けることができます。肝機能も高めるためお酒を飲んだ翌日にもおすすめです。

牡蠣と免疫力

牡蠣は免疫力が低下しやすい働き盛りの年齢の方や、高齢者などにもおすすめの食品です。風邪予防にも繋がるため年齢は関係なくこまめに摂取するのが良いといえます。

 

■ 冬の風邪の季節に
牡蠣はまさに風邪予防に効果的な食品だといえます。秋〜冬にかけては免疫力が低下しやすく風邪をひく方が増えますが、この時期に旬を迎える牡蠣を積極的に食べましょう。免疫細胞の働きを活発化させる働きが期待できます。

 

■ 粘膜に良いビタミンAも含まれる
鼻や喉などの粘膜に良い栄養素がビタミンAです。牡蠣にもこのビタミンが含まれており、粘膜を強化しておけば鼻水・咳・鼻づまりなどの症状を緩和することができます。

 

■ 亜鉛による免疫強化
牡蠣に含まれる亜鉛は様々な酵素の働きを助け、免疫細胞を作る手助けにもなります。そのため亜鉛の吸収量が低下している高齢者などでは、免疫力が下がる方が増えてしまいます。亜鉛は年齢と共に吸収量が落ちやすいため、高齢者ほど牡蠣を食べるようにしたり牡蠣サプリで補う必要があるといえます。

 

■ 冬は牡蠣鍋がおすすめ
牡蠣に含まれる免疫力強化の栄養素を補給しながら、鍋で体を温めるとさらに病気予防に繋がります。寒い時期こそ牡蠣鍋が最適で、体温が下がり免疫力が低下している方は積極的に取り入れることをおすすめします。

 

男性不妊サプリによる詳しい効果とは!!